<マネージャー奮闘記> 第2回目

 

こんにちは。マネージャーの馬屋原です。

 

かなり遅くなりましたが、

東日本トップクラブ決勝戦にお越しいただいた皆様、ありがとうございました。

また、当日募金にご協力いただいた皆様、重ねて御礼申し上げます。

 

さて、第2回目マネージャー奮闘記ということで、

現在の(?)私の心境をちょこっと書かせていただきます。

 

今、チームは「日本一」を目指していますが、

私たちスタッフも「日本一のスタッフ」を目指したいと思っています。

 

私は、選手とスタッフ(マネージャー・トレーナー・監督・コーチ・・・)は

分業だと考えています。

 

マネージャーメンバーは、経験の有無・年齢問わず、

「このチーム が好きだ」

「このチームのために何かやりたい」

「チームの一員でいたい」

という思いで繋がっています。それぞれがそれぞれの立場で出来ることをやる。

お互いに、決して甘やかせるために居るわけではない。

 

なので、選手が出来ないことをやる、それがスタッフの仕事です。

(逆に、選手はスタッフには出来ないこと、、プレーをする、試合に出る、等をしてくれます。)

選手が「水を出してくれてありがとう」と言ってくれるのが、

私たちスタッフでいう「試合に勝ってくれてありがとう」という事で しょうか。
 (あら?重みが違います!?まぁ、例え話なので・・・(^_^;))

 

それぞれがお互いのポジションで精一杯やり、

それが相乗効果を発揮しながらプラスの方向に進めたら、最高です。

 

本気で向き合って、笑って、泣けて、、とても素敵なチームだと思います。

そして、社会人になっても利害も何も関係なく、

こんなに真剣に一つになれる仲間がいることを、本当に幸せだと感じています。

 

まだまだこれから寒さが厳しくなってきますが、

悲願の日本一に向 け、スタッフも選手と一緒に取り組んでいきます!

 

引き続き、応援宜しくお願い致します!!

 

 

お読みいただいた方で、もしもマネージャーについての質問等があれば、

いつでもご連絡ください(^_^)。。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

  • メンバー募集
  • スケジュール
  • アルバム
  • 練習場所
  • 連絡先
  • 東日本TCL2013勝敗表