<コーチングコラム 第2回>雑 感

 

私は30数年、指導者の道を歩んできましたが、

その間、そしてその時々いろんな困難に当たってきました。  

 

その間、常に考えていたことは、どうすればいいチームの育つか、

どうすれば強いチームになれるかという事でした。

 

私が見てきたチームは、それほど強くなく、今から成長していくチームばかりでした。

気持ちのいいチームで強いチームを作り上げてみたい。そういう思いでやってきました。

 

それには、クラブを構成する選手達、ゲームに出る選手達が、

本当に心底ラグビーが好きで、ゲームの中で自分の持っているものすべてを出し切って、

パフォーマンスできることが大事であり(本当に意味でのエンジョイできる) 、

そのことが、グランド上でゲームを行っている選手自身がお互いに感動出来、

信頼感を呼ぶ、 まずはそれが、一番最初にありきかもしれないと思うようになりました。

 

選手自身が、すべてを出し切れば、ゲームに出れない選手達、

見ている人達にもその感動が伝わり、それがまた選手を奮い立たせることができる。

普段普通の男たちが、グランド上では普通のことではないことをパフォーマンスする。

 ゲームを行っている選手達も、見ている方々も、ワクワクするようなゲームをさせたい・・・

事実、指導している私自身がゲームを見ていて、そのような光景に何度も遭遇しました。

 

だから・・・指導者やめられないのかもしれません(笑)  

 

選手達がそういう修羅場を踏んで、どういう男になって戻ってくるか、

楽しみの一つでもあります。

 

今回は雑感として書いてみましたが、

具体的なことは次回以降に書いてみたいと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

  • メンバー募集
  • スケジュール
  • アルバム
  • 練習場所
  • 連絡先
  • 東日本TCL2013勝敗表