<試合レポート>1月11日(日)vs福岡かぶと虫クラブ @鞘ヶ谷競技場

1月11日 全国大会1回戦 福岡かぶと虫クラブ戦

(於 北九州市立鞘ヶ谷陸上競技場)

 

こんにちは。

今回の試合レポートは今期から加入いたしました

河村泰三が担当させていただきます。

DSCN1841

 

「はじめまして」の方が多いと思いますので、

まずは簡単に自己紹介させていただきます。

田園RS→湘南高→慶應大→帆柱クラブでラグビーをしてきた

CTB/WTBの29歳です。

好きなラグビー選手はクレイグ・ウイング、

理由は顔がカッコ良いからです。

 

さて、本題の試合レポートです。

 

試合会場は、

福岡県は北九州市の鞘ヶ谷陸上競技場でした。

DSCN1831

 

DSCN1836

 

この鞘ヶ谷陸上競技場、

元々は八幡製鉄の所有で

社員のレクリエーションや陸上競技部の練習場

として使われていたものを、

北九州市が2002年に施設を改修し施設所有権を譲り受け、

現在に至っているそうです。(wikipediaより)

 

小倉市街からのアクセスは決して良いとは言えず、

バスに揺られること30分、

バス停から歩いて10分もかかりました。

DSCN1829

 

ウォーミングアップ用のグラウンドは

競技場横に併設されているラグビー場で、

箕内拓郎、山田章仁など多くの日本代表を輩出している

鞘ヶ谷ヤングラガーズのホームグラウンドです。

 

鞘ヶ谷ヤングラガーズは超スパルタスクールとして有名で、

土日は朝から晩まで練習で、

生徒は小さい時から、

おとなげない親父に徹底的に基本スキルを叩き込まれるそうです。

卒業生の主な進学先は東福岡、小倉、東筑高校などです。

 

私とSH柴田選手が在籍していた帆柱クラブも

ここを練習グラウンドとして使用しており、

毎週木曜19時から、いつも練習していた場所でした。

実はこの日の会場準備やボールボーイをしてくださったのも

帆柱クラブや北九州のライバル、

とうしろうクラブの皆さんで、

個人的にはホームのような気持ちで試合に臨めました。

 

 

対戦相手は福岡かぶと虫クラブ。

 

1977年創部の福岡県福岡市に拠点を置く、

2012年度から3年連続全国大会に出場している

九州の強豪クラブ。

今季の九州トップクラブリーグでは、

トップリーガーOBを多数擁する

九州の盟主・玄海タンガロアをあと一歩まで追いつめており、

WMMとしても厳しい戦いが強いられることが予想されました。

 

13時から運命のキックオフ。

 

DSCN1858

 

WMMは序盤から優位に試合を進め、

キックで敵陣深くまで攻め込み、

先制トライ。

 

その後も強風が吹き荒れ頻繁に風向きが変わる中、

キックを有効に使い、常に敵陣で戦います。

DSCN1860

 

しかしながら、次の得点が中々取れず、

トライまであと一歩というところで

ターンオーバーされるという展開を何度か繰り返します。

嫌な空気が流れかけたところで

連続攻撃からなんとかトライを奪います。

DSCN1881

 

これで落ち着きを取り戻したWMMは

その後も連続トライを奪い、

前半終了間際にPGで3点を奪われましたが

27対3で前半を折り返します。

DSCN1922

 

 

後半もこのままWMMペースでいけるかと思われましたが、

そこは九州NO2のかぶと虫クラブ。

前半以上の激しいブレイクダウンで

プレッシャーをかけてきました。

DSCN1959

 

WMMは自陣に釘付けとさせられ、

何度もトライラインに迫られます。

しかしWMMは攻め込まれても慌てることなく、

前に出るディフェンスで相手のミスを誘い、

ターンオーバーから一気にトライを奪い点差を広げます。

DSCN1980

 

DSCN1987

 

その後も立て続けにトライを奪い勝負を決め、

終わってみれば戦前の予想に反し、

75対3の大差で勝利を収めました。

DSCN2012

 

DSCN2013

 

DSCN2014

 

DSCN2018

 

DSCN2024

 

 

試合後は小倉駅近くで祝勝会。

連休の中日ということもあり

後泊をする人もいて大盛り上がりでした。

 

ここ2試合で負けが続いており

嫌な雰囲気を解消する勝利でしたが、

次戦は5回の全国クラブ大会優勝の実績がある

六甲クラブ。

 
残り2週間、

最高の準備をして名古屋に乗り込み、

最高のパフォーマンスを発揮して、勝ちましょう!

そしてまたみんなで美味しいお酒を飲みましょう!!

 

 

最後になりましたが、

遠く九州の地でもいつもと変わらぬサポートをしてくれた

スタッフ、MGR、メンバー外選手の皆さん、

ゼリーを差入れしてくださった翼さんのお父様、

皆様のおかげで馴れない地でも勝つことができました。

この場をお借りして、

僭越ながら試合に出たメンバーを代表して御礼申し上げます。

 

 

河村 泰三

DSCN1643

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

  • メンバー募集
  • スケジュール
  • アルバム
  • 練習場所
  • 連絡先
  • 東日本TCL2013勝敗表