<試合レポート>6月21日(日)vs秋田ノーザンブレッツ @あきぎんスタジアム

6/21(日) VS秋田ノーザンブレッツ

@秋田 あきぎんスタジアム

13:00キックオフ
こんばんは駒場WMMの副将の内山です。

img0013

 

キャプテンより指名を受けて

今回の試合レポートを書くことになりました。

(だいぶ日が空いてしまいましたが…)

 

 

さて、6月下旬の秋田は快晴で絶好のラグビー日和でした。

グラウンドは、名門・秋田高校出身の奈良選手曰く、

「秋田で一番良いグラウンドですよ!」

というあきぎんスタジアム。

芝も青々としていて、

確かに最高のコンディションでした!

DSCN3223

 

DSCN3271

 

こうした環境を準備してくださった

秋田ノーザンブレッツさんには改めて感謝です。

 

 

さて、それでは試合レポート。

DSCN3273

 

13時ちょうどに駒場WMMボールでキックオフ。

レシーブ側のノーザンブレッツにノックオンの反則。

早々にチャンスが訪れます。

 

敵陣スクラムからセットアタックを仕掛けますが、

相手外国人選手にT.Oくらい、

開幕先制のチャンスを失います。

11647204_867139000007972_1022657916_n

 

…その5分後。

中盤のL.OからBKで外展開し、

15衛門、11大石による大幅ゲイン、再びチャンスが。

11275527_867164943338711_1573432754_n

 

11117441_867187676669771_899440334_n

 

そのまま敵陣にてATを続けますが、

秋田の固いDFを破れず押し戻されます。

(衣川選手が狙った地を這うドロップゴール(?)はご愛嬌)

 

序盤は、10野木、15衛門による駒場のキックが

いいところに落ちる&相手のフィールディングのマズさにも助けられ、

敵陣で優位に試合を進められますが、

ゴールラインは遠くなかなかトライを奪えません。

 

 

攻め切れない中、

中盤の駒場ペナルティから自陣に戻され、

相手外国人選手の突破を皮切りに、

DFが後手後手になったところでSOに突破を許します。

最後はFBにパスがわたりトライ。先制されます。

 

 

被トライ後もエリアマネジメントでは優位に立ちますが、

サポートによるペナルティ、ミス等で決め手に欠き、

なかなか決定的なチャンスを作ることができません。

 

 

フラストレーションが溜まる展開で仕掛けた、

駒場のキックカウンターが不発。

ペナルティーからのタッチキックで

一気に自陣に(相手選手のロングキックは良く飛んでいました!)。

ゴール前のセットアタックから外国人選手の強烈な突破、

あっさり失点してしまいます。

 

 

ここで流れは一旦ノーザンブレッツへ。

相手ボールATが続きますが、

今シーズンのテーマでもある粘り強いDFで何とか凌ぎきり

(FL那須選手、HO奈良選手が豊富な運動量で、

試合を通じてピンチを救っていました)、試合は後半へ。

11650956_867148800006992_555771953_n

 

DSCN3296

 

DSCN3326

 

 

 

———————————————

そして後半のキックオフ。

イージーなレシーブミスで自陣深く、

敵ボールからリスタートします。

思えばここが痛かった。

 

 

後半開始からおよそ10分間、

ノーザンブレッツの猛攻が続きます。

何とかこれに耐えますが、

自分たちより大きな相手を止め続けることで、

大幅に体力を消費してしまいました。

DSCN3347

 

 

 

一度は耐え、

敵陣まで戻した状態でのマイボールスクラム。

しかし、後半開始早々の消耗もあり、

ノーザンブレッツFWにプレッシャーをかけられT.O。

 

 

大幅ゲインからの外展開で相手WTBにトライを献上します。

 

 

これをきっかけに再びノーザンブレッツが攻勢に。

我慢の時間が続きます。…続きますが、

我慢し切れずにペナルティを連発。

反則の繰り返しで、

LO岡本にシンビンの判定が。

 

 

そして、ここぞとばかりにゴール前、

ラインナウトモールからのトライで失点。

その後も、BK展開からの突破、

自陣タッチキックをチャージされるなど追加点を奪われ、

スコアは36-0

 

 

最後の相手のパスミスからこぼれ球を拾い、

14神田がトライ。

 

一矢報いるが、ほどなく試合終了のホイッスル。

DSCN3402

 

DSCN3404

 

DSCN3405

 

 

 

春シーズンの集大成的な位置づけとして勝利を目標に臨みましたが、

ノーザンブレッツさんの力強さに

押しやられる形となってしまいました。

ただ、シーズン開幕当初から積み上げてきた部分で、

ある程度の手ごたえを感じることができました。

 

 

得るものの非常に多いゲームだったので、

シーズン開幕に向けて

ひとつひとつ課題を克服していきたいと思います。

DSCN3413

 

DSCN3420

 

DSCN3425

 

秋田ノーザンブレッツの皆さま

どうもありがとうございました。

 

 

DSCN3410

内山(写真中央)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

  • メンバー募集
  • スケジュール
  • アルバム
  • 練習場所
  • 連絡先
  • 東日本TCL2013勝敗表